ノーナレ~ベトナム人技能実習生と今治タオル~

技能実習制度,さんはん,言いたい放題,社会,エッセイ,自由, 社会
外国人だからと不当に扱うな!同じ人間ではないか!

家族の思いを簡単に踏みにじる制度

昨日22時50分からNHKで「ノーナレ」という番組が放送されていた。どうやら技能実習制度のことをやるらしい。私はその時間他の作業があったので録画をしておいて、今朝録画を見たのである。今回の放送は愛媛県の今治タオル工場で働く、ベトナム人技能実習生に関することだった。

日本で働く技能実習生は2018年末で約32万8千人である。そのうちベトナム人技能実習生は約8万3千人だ。

番組冒頭、日本に渡ってきたベトナム人女性ティエンさん(30歳)のお母さん(56歳)の動画から始まる。「大金を稼いで家族を貧乏から抜け出させるから(日本に)行かせてください」と言われたと母は語る。娘が「日本はよい国で良い人ばかりだと言っていたから安心していた」とも…。

ティエンさんは1年半前、75万円の借金をして日本に来たそうだ。ティエンさんの家族の年収は20万円と言っていた。家族にとってはおよそ4年分の稼ぎを借金して日本に行かせたわけだ。貧乏から抜け出せると信じて。

技能実習生の住環境

彼女たちは愛媛県にある工場内の寮で生活していた。家賃は3万円で、水道・光熱費込みである。これだけみると、「3万円で光熱費込みか~いいね!」と思うかもしれない。しかし、そんな幻想は直後に打ち砕かれる。

技能実習制度,さんはん,言いたい放題,社会,エッセイ,自由,
窓もない部屋に大勢詰め込まれる
いわゆるタコ部屋である

まず、部屋には窓がなく昼も夜もいつも暗い。そして長雨の時期になると、生乾きの臭いのする服を着ながら働くのだ。洗濯機は3台しか見当たらなかった。そして28人の実習生に対し、むき出しのシャワーが4つあり一緒に浴びなくてはならないそうだ。ここでティエンさんは言っていた。「こんなの日本の生活ではないと」。

シェルターに保護された4人

そもそもティエンさんは洋服の縫製技術などを学ぶため、実習生として来日。職種名には”婦人子供服製造”と書いてあるのに、実際はタオルしか作っていなかった。異なる職種に従事させるのは法令違反である。

社会,政治,ノーナレ,技能実習生,さんはん,言いたい放題,自由,
違反だとわかっていてやらせる会社
日本の会社はそんな会社ばかりだね
ばれなきゃ良い精神 糞くらえだ

ティエンさんは会社側の人からこう言われていたそうだ。「誰かに何を作っているのか」と聞かれたら必ず「婦人服や子供服」と答えてくれと。会社側も法令違反していることは理解していたわけだ。さらに過重労働と残業代の未払いも発覚している。

ティエンさんら4人は佐賀県のシェルターに保護された。

技能実習制度,言いたい放題,さんはん,エッセイ,社会,ノーナレ,政治,自由,
出ました伝家の宝刀!
過重労働からの残業代未払い
こんな会社ばかりだ

工場に残された24人

先に挙げた4人の実習生が保護されて以降、作業報告書を書くのはやめさせられたそうだ。証拠として残ることが嫌だったのだろう。7時30分から22時までと書いてあった記録は全て破棄された。さらに「役所が来ても会社の指示通りに答えないと帰国させる」とまで言われたそうだ。

さらにこの工場では、ある実習生2人に他の実習生より高い給料を払い、他の実習生を監視させているというのだ。なんとも汚いやり口だ。

保護されたティエンさんたちからの情報により、役所の立ち入り検査が決まった。すると、会社側はその日はタオルを作らず服を作るふりをしろと指示をだした。

何故役所の立ち入り情報が伝わっているのだろう。いきなり検査するのは禁じられているのか?会社に情報が入ったら全てを隠蔽するに決まっているだろう。

検査のあと新たに4人が保護された。彼女たちは先に佐賀のシェルターへ避難していたティエンさんたちと合流した。ティエンさんらは新しい職場を見つけたようだ。

工場絶賛稼働中

ティエンさんたちが保護されて7カ月、2019年6月現在も会社の操業は続いているようである。そして番組ラストに衝撃の事実が告げられた。6月初旬工場に残った実習生が仕事中に倒れ、脳出血で意識不明の状態が続いているという。家族のため遠い異国の地まで出稼ぎに来たのに、過酷な労働が続き身体が悲鳴をあげて倒れてしまった。なんともやるせない話だ。

NHKはこの件について質問状を送ったが、期日までには回答を得られなかったという。会社の社長はきちんと説明しなくてはいけないよ。

技能実習制度は近い将来大問題になる

現政権の安倍内閣は「技能実習制度は技能等の移転による、国際貢献を目的とする制度であり、外国人材の受け入れを拡大する」として、昨年「出入国管理法改正案」が閣議決定された。さらなる技能実習生を受け入れるための改正でありこの4月1日より施行された。

しかし、技能実習制度に関しては国連やアメリカから「強制労働」「人権侵害」として改善を勧告されているのである。にも関わらずこの4月より益々実習生を受け入れていくわけだ。何を考えているのであろう。

年収2,500万円のレタス農家などともてはやされた川上村では、中国人実習生の見分けがつくようにとお揃いの帽子を被らされたりもしていたな。さらにはこんな画像もだいぶ前からネット上では話題になっていた。

川上村,技能実習制度,言いたい放題,さんはん,エッセイ,社会,ノーナレ,政治,自由,
信濃川上駅の落書き
少し読みづらいが一番下に注目
「とくに女性はSEXやられる」
と書いてある
真相はいかに

本当かどうかはわからないけど、本当だとしたらなんとも気味の悪いことだし逮捕されないのがおかしいと思う。何故、技能実習生に対する犯罪には甘いのだろうか。

他にも技能実習生として来日したベトナム人男性が、福島第一原子力発電所事故に伴う除染作業に従事していたことが昨年発覚し問題になった。男性は元々は「建設機械・解体・土木」の実習をする予定だった。洋服を作るはずだったのに、タオルを作らされていたティエンさんたちと同じように騙されたのだ。

よく考えてほしい。ベトナム人男性が除染作業の技能を習得してどうするのだ?ベトナムでも原子力発電所の事故を起こす気なのか?全くもって意味が分からない。必ずや近い将来、技能実習制度が国際問題になることを先に述べておこう。

技能実習制度,言いたい放題,さんはん,エッセイ,社会,ノーナレ,政治,自由,
2016年の新聞
すでに問題は起きていた
何も解決しないまま
受け入れ枠だけ増大

現代でもやりたい放題なら戦時中は?

これだけ文明の利器が発達し、多くの人がスマートフォン(カメラ撮影・ビデオ撮影・録音が可能)を持ち、瞬時に情報が拡散される現代においても相手が外国の人だからといって、やりたい放題する会社が後を絶たない。

私はこのような報道を見るたびに、戦時徴用工や従軍慰安婦は強制連行もあったのだと思わざるを得なくなる。これだけ世界の監視の目が厳しい現代ですら、このありさまだ。戦時中なら言わずもがなだと思うのだが…いかがお考えだろうか。

ベトナム人実習生たちの悲痛な叫び

最後に今回テレビで取り上げられた技能実習生たちの悲痛な叫びを、箇条書きではあるが記載しておく。あなたの家族や友人知人が、このような環境で働かされていたら何を思うだろうか。外国人だからと言って適当な対応をして良いのだろうか。一刻も早い改善を行政に求めていく。

  • あの工場で働いていたのは悪夢だ
  • 朝7時から15分の休憩を挟んで夜の11時まで働いた
  • 仕事が忙しくて太陽も月も見ていない
  • 絞り切ったレモンのような状態になった
  • 日本は人権を尊重する国だというけど私たちに人権はなかった
  • 生活は刑務所の中みたいだ
  • 朝4時や5時まで働く人もいる
  • 早朝や深夜まで働かないと帰国させられる
  • 家畜扱いされて一日中叱られる
  • いつも「ベトナムに帰国させるぞ」と脅される

工場の社長はいつまでも逃げ回らず、反論があるなら堂々と反論してほしい。反論したとしても、訳の分からない言い訳で終わるだろうが。また、政府は外国人だからという理由で、不当に安く働かせるのはやめなさい。ひいては国民の疲弊につながることになるのだから。

コメント

  1. Kazsang より:

    この国の闇を垣間見たように思います。表に出ているこれらの事実の裏に、どれほどの人権侵害が隠蔽されているのか、考えると暗澹たる思いです。「日本は人権のない国」という被害者の言葉を、自分も重く受けとめなければと思います。

  2. さんはん さんはん より:

    コメントありがとうございます。

    kazさんが言うように表に出てきていない案件を考えると、
    なんだか暗い気持ちになりますね。

    過酷な環境に置かれた実習生たちは帰国した時、
    日本での思い出をどのように振り返るのでしょうか。

    どのような立場で雇われている人であれ、
    全ての人の基本的人権を尊重してほしいと思います。

タイトルとURLをコピーしました